診療案内

診療案内

診療科目

整形外科

当院の診療内容

整形外科とは:
整形外科では、骨、関節、筋肉や靱帯、神経など運動器官に起こる疾患を診療しています。
対象は、首・腰の脊椎、肩から指先までの上肢、股から足先までの下肢などで、そこで起こる機能障害や外傷による損傷を診断し、治療しています。
外傷(骨折、脱臼、切り傷、打撲など)をはじめ、肩こり、腰痛、膝痛など、日常的によく起こる体の痛みや違和感などがありましたらご相談ください。

当院でできる検査

  • レントゲン検査:骨折、変形などの骨・関節の診断に用います。
  • 超音波検査:靭帯損傷、筋肉、腱損傷など軟部組織の診断に用います。
  • 血液検査:痛風、炎症、感染、リウマチなどの診断に用います。
  • 骨粗しょう症検査:骨密度の測定、骨代謝マーカーの測定を行います。
  • ※MRI、CTなどの特殊検査は近隣の医療施設に依頼しております。

超音波(エコー)を用いた診断・治療

整形外科はレントゲンによる骨の診断を中心に行ってきました。例えば足関節を捻って腫れ上がっていても、レントゲンで骨折を認めなければ「骨は大丈夫」という一言で終わってしまいます。では、腫れは原因は何なのか、靭帯は切れていないのか、というところは深く追求せずに、「腫れているから靭帯が切れているかもしれない」というあいまいな診断に終わっていました。また、「五十肩」と言われる肩関節周囲の疼痛もレントゲンでは問題がないことがほとんどです。そのような疾患の診断には当院では超音波検査を用い、靭帯や腱板、筋肉、腱などの軟部組織の評価を行い、より正確な診断を行っております。また、超音波を用いた「エコーガイド下の筋膜リリース(Fasciaリリース)」も行っております。腰や首、肩周囲の固くなって痛みの原因となっている筋膜組織の間に薬液を注入し、これを緩め、滑りを良くして痛みを取る、という治療法です。
エコー検査

リハビリ・治療機器

牽引器、低周波、マイクロ波、ホットパック、レーザーなどを用いて治療を行います。
超音波骨折治療器(1回20分)。

院内薬局

近年は院外薬局を採用する病院、医院が多くなっていますが、当院では院内薬局を採用しています。
院内で薬をお渡し出来ますので松葉杖の患者さん、足腰の悪い患者さん、また雨や雪などの悪天候時も院外へ薬を取りに行くわずらわしさがありません。

装具外来

毎週火曜日16時30分より装具外来を行っています。
(田村義肢製作所 http://www.po-tamura.com/
圧迫骨折のためのコルセット、外反母趾や扁平足のための足底挿板などオーダーメイドの装具を作製しています。

病診連携

手術治療が必要な場合や特殊検査、専門的な治療が必要な場合、提携病院へ紹介が可能です。
基本的に全ての医療機関への紹介が可能です。
  • 新潟中央病院
  • 新潟大学医歯学総合病院
  • 新潟市民病院
  • 万代病院
  • 新潟医療センター
  • 済生会新潟第二病院
  • 新潟臨港病院
  • 新潟県立がんセンター
  • 亀田第一病院
  • 新潟南病院 など

診察可能疾患

よく見られる症状考えられる主な疾患
首の痛み頸椎症、寝違え、むち打ち症、頸椎症性神経根症、頸椎椎間板ヘルニア、頸肩腕症候群
肩の痛み五十肩(肩関節周囲炎)、肩腱板損傷、石灰沈着性腱炎
腰の痛み腰痛、ぎっくり腰、腰椎椎間板ヘルニア、変形性腰椎症、腰部脊柱管狭窄症、胸・腰椎圧迫骨折、腰椎分離・すべり症、坐骨神経痛、骨粗しょう症
足の痛み外反母趾、巻き爪(陥入爪)、痛風、足底腱膜炎、扁平足、強剛母趾、モートン病、外脛骨障害、うおのめ(鶏眼)、たこ(胼胝)
膝の痛み変形性膝関節症、靭帯損傷、半月板損傷、オスグッド病(小児)、関節水腫、関節ねずみ(関節内遊離体)
すねの痛みシンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)
手・手首の痛み手根管症候群、関節リウマチ、腱鞘炎、手指変形性関節症、母指CM関節症、ヘバーデン結節、関節リウマチ
股関節の痛み変形性股関節症、単純性股関節炎、大腿骨頸部骨折
手の痺れ頸椎椎間板ヘルニア、手根管症候群
足の痺れ腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、慢性閉塞性動脈硬化症(ASO)、足根管症候群

骨粗しょう症

骨は皮膚と同じように「新陳代謝」が行われており毎日、古い骨が壊されて、新しい骨が誕生しています。これを「骨代謝」といいます。
骨代謝では、古くなった骨を溶かしてなくす「破骨細胞」と、新しい骨を生成する「骨芽細胞」がサイクルをくり返し、骨を新しい骨に入れ替えています。
そのようにして私たち体は、1日に約1グラムずつ、新しい骨に作り替えられています。体のすべての骨が、新しい骨に入れ替わるには、約3年かかるといわれています。
骨吸収と骨形成の働きのバランスが崩れ、骨吸収(骨が溶けること)が骨形成(骨を作ること)を上回ると、徐々に骨密度が低下して、骨がスカスカになり骨粗しょう症になります。
骨の新陳代謝に女性ホルモンが影響しているため、女性の骨量は閉経後に減少が進みます。そのため、女性は60代から骨粗しょう症になる割合が急激に増えていきます。「最近、背中が曲がってきた」「背が縮んだ気がする」そのような症状がある場合は、一度、自分の骨密度を検査することをお勧めします。
骨粗しょう症


なぜ、骨粗しょう症の治療をするのか

骨粗しょう症の人は、骨折をすればするほど、続けて骨折する可能性が高くなることが知られています。
そのため、1個でも骨折していると周りの骨に負担がかかり、2個、3個と骨折がドミノ倒しのように次々に起こっていきます。つまり、骨折が進んで、どんどん背中や腰が曲がってしまう可能性が高まるのです。
骨粗しょう症が原因で起こる骨折は、QOL(生活の質)や身体機能に大きく影響します。特に、脚の付け根の骨を骨折(大腿骨近位部骨折)すると、多くの場合手術を行います。手術後は長期間のリハビリが必要で骨折前と同じ歩行能力の獲得が困難になる可能性が高くなります。そのため、介護が必要となった人の10人に1人は骨折・転倒が原因と言われています。
骨粗しょう症の治療は予防治療です。歯磨きをするのは虫歯を治すためではなく、虫歯にならないように磨いていると思います。
骨粗しょう症も同じです。骨折しないように治療を行うこと、継続することが大切です。

漢方外来(毎週火曜日、金曜日 午前)

主に漢方薬を処方する外来です。一般外来と併せて診療を行っており、必要に応じてレントゲン検査などもあわせて行います。
東洋医学では気になる自覚症状だけでなく、患者様の体質を判断し、体質改善を促す薬剤を処方することにより便秘やからだの冷え、不眠なども同時に改善されることがあります。
実際の医療現場では漢方が効果的に用いられることも多数経験されており、従来の治療法では症状が改善されない患者様には漢方治療もひとつの選択肢となります。西洋薬と比較して副作用が少ないことも漢方治療の特徴の一つです。
当院では通常の薬で効果が不十分な場合、体力や免疫力が低下している場合、冷え性、疲れやすい体質などの症状に対して漢方薬による治療を行っております。
当院では、保険診療の範囲で処方をしておりますので、お気軽にご相談ください。

セカンドオピニオン

セカンドオピニオンとは患者さんが納得のいく治療法を選択することができるように、治療の方法、他の治療法の選択などについて、現在診療を受けている担当医とは別に、違う医療機関の医師に意見を聞くことを言います。

聴こえにお悩みの患者様への対応

診察室にcomuoon(コミューン)を設置しています。大きな声で話すのではなく、聴こえやすく変換してくれるスピーカーです。
患者様によりわかりやすく説明が伝わる様に導入しています。
comuoon(コミューン)